神戸元町の美容整形なら神戸ゆりクリニック

注射・点滴療法

ニンニク注射

ニンニク注射

アリナミンF50 にんにく注射とは、にんにくが本当に入っているのかと誤解される方もいらっしゃいますが、主成分のビタミンB1を中心としたビタミンを含む、疲労回復や健康増進を目的とした注射のことを指します。

にんにく注射の由来は、にんにく注射に含まれるビタミンB1を静脈に注射した際、血液を通じて鼻の粘膜にビタミンB1の成分によるにんにくに似た匂いがすることから、にんにく注射と呼ばれるようになりました。

にんにく注射の始まりは、スポーツ選手がビタミンB1の持つ炭水化物の代謝を促す作用に注目し、運動のパフォーマンスを向上させるために打っていたものが一般化したと言われています。

にんにく注射の主な効果は、ビタミンB1による炭水化物の代謝を促す働きがあります。
ビタミンB1が不足していると炭水化物の代謝がうまく行われずに乳酸などの疲労物質が溜まり、疲れやすくなります。

このような方に向いています

  • 疲労回復
  • 筋肉痛
  • 神経痛
  • 関節痛
  • 末梢神経炎
  • 末梢神経麻痺の改善
  • 心筋代謝障害
  • 肌荒れ
  • にきび
  • 口内炎の改善など

副作用について

当院で扱うにんにく注射はすべて水溶性のビタミンで構成されているために過剰摂取による副作用などはほとんどありません。疲れのひどい方は毎日の摂取も可能です。注射に用いる注射針も比較的細い23ゲージの注射針を使用しているため、痛さもさほど気になりません。

メリット

にんにく注射のメリットとしては効率の良さと即効性が挙げられます。にんにく注射に含まれる水溶性のビタミンなどは食べ物からの摂取も可能ですが、身体が疲れている際には、内臓も疲れていることが多く、経口摂取しても消化が十分に行われないこともあります。にんにく注射は静脈に成分を注射することにより、即効性と効率の良さが期待できます。

よくある質問

よくある質問と回答

点滴療法が受けられないケースはありますか ?
腎機能が極めて悪い方、腹水が貯留している方は、原則として受けられません。
▲ 質問一覧へ
副作用はありますか?
副作用はほとんどありませんが、点滴後少しのどが渇きます。
▲ 質問一覧へ
点滴療法の目安はどれぐらいですか?
月に1回~2回程度です。
▲ 質問一覧へ

このページのTOPへ

お問合せ窓口

0120-187-111