神戸元町の美容整形なら神戸ゆりクリニック

PRP皮膚再生療法

PRP皮膚再生療法

診療メニュー

PRP皮膚再生医療とは

PRP皮膚再生医療とは、ご自身の血液から高濃度の血小板血漿(多血小板血漿Platelet – Rich Plasma;以後PRP)を抽出して、しわやたるみに注入する皮膚再生医療です。

血小板内にはさまざまな成長因子が入っており、ご自身の皮膚細胞からのコラーゲンやヒアルロン酸を増産させ、しわの改善・皮膚全体の張りと艶をもたらします。
ご自身の血液を使用するため感染症などの心配が無く、安心して施術をお受けいただけます。

PRPに含まれる主な成長因子とその働き

・血小板由来成長因子(PDGF-aa, PDGF-ab, PDGF-bb)
細胞の複製を刺激します。血管形成・上皮形成・肉芽組織形成を促進します。

・形質転換成長因子(TGF-β1, TGF-β2)
細胞外マトリックス形成を促進します。骨細胞の代謝を調節します。

・血管内皮成長因子(VEGF)
血管形成を促進します。

・線維芽細胞増殖因子(FGF)
内皮細胞および線維芽細胞の増殖を促進します。 血管形成を刺激します。

適応部位



このような方に向いています

  • おでこのしわ、眉間のへこみを改善したい方
  • 目の周りの細かいしわ、目の下のタルミ・クマ。くぼみを改善したい方
  • 口の周囲や唇のしわ、ほうれい線を改善したい方
  • マリオネットラインを改善したい方
  • 首のしわ・タルミを改善したい方
  • ニキビやニキビ跡(凹凸も)を改善したい方

「ヒアルロン酸」と「PRP皮膚再生療法」の比較

「従来のPRP」より血小板の濃度を数倍に濃縮した「PRP皮膚再生療法」と「ヒアルロン酸注入」による比較です。

ヒアルロン酸 従来のPRP PRP皮膚再生療法
適応部位 ●中程度・深いしわ、たるみ
※細かい目元の小じわには注入できません
●ニキビ跡の凸凹
●豊胸
●目元の小じわ
●ニキビ跡の凸凹
●目元の小じわ、深い眉間にしわ、法令線のたるみなど顔のすべてのしわ・たるみ
●ニキビ跡の凸凹
●首のしわ
持続期間 約1~2年で完全に吸収されます。 約1年で吸収されますが、成長因子により肌の若返り作用が持続します。 約2年で吸収されますが、成長因子により肌の若返り作用が長期的に持続します
効果が見られるまでの期間 注入直後から 2ヶ月後から 2週間後から
欠点 効果が1~2年 効果が弱く、即効性がない 即効性がない

施術の概要

施術時間 約60分 ※麻酔クリーム使用時間を含む
術後の通院 なし
痛み 軽度 ※麻酔クリームを塗布いたします
術後の腫れ 1週間程度 ※個人差があります
麻酔 あり ※麻酔クリームまたは麻酔テープ
シャワー 当日より可能です
メイク・洗顔 術後6時間後より可能です
治療の経過 個人差はありますが、約2週間後から効果が現れはじめ、効果のピークは2~3ヶ月目、その後2~3年(または4年)持続します。
禁忌・注意事項 施術当日は、飲酒や熱い風呂での入浴はお控えください。またマッサージや無理な表情を作るなど治療部位へ刺激が加わるような事はお控えください。
感染を防ぐ為、注入後6時間は創部を濡らさないように注意して下さい。
施術の副作用・リスク 強度の赤味・痛み・腫れ・炎症・内出血、異常増殖によるしこりなど。
組織の過度の増殖や異物性肉芽腫様変化

このページのTOPへ

お問合せ窓口

0120-187-111