神戸元町の美容整形なら神戸ゆりクリニック

脂肪溶解注射

脂肪溶解注射

 

メスを使わず、理想の小顔に。手軽で簡単に顔痩せができる人気の治療法です。



BNLSは、植物から抽出した成分を主とした新しい脂肪溶解注射です。
BNLSの成分作用によるリンパ循環作用、脂肪溶解作用、肌のひきしめ作用があります。それによりお肌のタルミの改善やひきしめ効果が期待できます。
治療効果は2~3日程で実感でき、1週間程で作用してきます。

このような方に向いています

  • 理想の小顔になりたい
  • 切ったり、縫ったり、吸ったりしたくない
  • ダウンタイムがあると困る
  • 周りに気付かれないように、徐々に顔痩せがしたい。

BNLS(BNリポスカルプティング)注射とは

新しい「脂肪溶解注射」であるBNLS注射は、顔やボディの余分な脂肪によるたるみを引き締める効果があり、老け顔の原因にもなる痩せにくい顔の脂肪にも素早く作用するため、小顔効果を最短3日ほどで実感でき、次の治療も1週間程度の間隔で行えます。
ダイエットしてもなかなか落ちにくい頬の脂肪や二重顎の解消にも効果的です。
さらに、脂肪分解作用・肌の引き締め作用・リンパ循環作用という3つの作用により、血液やリンパの流れを整えて溶かした脂肪や溜まった老廃物を体外へ排出し、わき腹・下腹・太ももなど気になる部分を引き締めます。
BNLS注射は、植物由来成分を主成分としておりますので、体への負担が非常に少なく腫れや熱感などのダウンタイムがほとんどないのが特徴です。

BNSL効果

BNLS効果

BNLS効果

成分

BNLS neo の新成分「デオキシコール酸」は、顎下脂肪治療薬Kybella(デオキシコール酸)として米食品医薬品局(FDA)の承認を受けました。
従来、「二重あご」の改善には、外科手術にて行うとされていましたが、「デオキシコール酸」が注射により、脂肪細胞に入ると脂肪細胞の細胞膜を破壊する、細胞傷害性を持つ成分です。
これまでの脂肪溶解注射の成分とは異なり、有効成分としてチロシン、ヒバマタ(海藻)抽出物など、数種類の植物由来成分がバランス良く調合されております。
※BNLS neoには、ステロイド、ニコチン、ヒアルロニターゼは一切含まれておりません。

BNSLneo成分

治療について適応部位と注入量の目安

BNLS 1. 額(前額部) 1本
2. 上まぶた(上眼瞼) 1本
3. 鼻 1~4本
4. 小鼻(鼻翼部) 1~4本
5. こめかみ 1本
6. 頬骨部 1~4本
7. 頬(法令線のあたり) 1~2本
8. 下頬部 1本
9. 下顎の輪郭 1~2本
10. 側頬部 2~4本
11. 顎下部(オトガイ下部) 3~5本

症例のご紹介

料金表

数量 通常料金(税抜)
BNLS neo
(脂肪溶解・輪郭形成注射)

1日の最大使用量は20本までです。
1本(1cc) ¥10,000
5本以上の場合 20%OFF
10本以上の場合 40%OFF

よくある質問 Q&A

BNLSとは何ですか??
顔専用の脂肪溶解注射です。小顔が期待できます。
▲ 質問一覧へ
BNLSは1回の治療でも充分な効果を期待できますか?
1回の治療でも効果は期待できますが、十分な効果を出すには3回程度の治療をお勧めします。
▲ 質問一覧へ
治療後、脂肪が元に戻るリバウンドはありますか?
基本的にリバウンド(薬の効果が切れることによる)はありませんが、患者様の食生活や生活環境により新しい脂肪がつくことはあります。
▲ 質問一覧へ
効果を実感出来るのは何日後くらいですか?
早い方で3日後くらいに実感できます。
▲ 質問一覧へ
何回かするときの治療の間隔は?
最低でも1週間は空けて下さい。
▲ 質問一覧へ
BNLSの効果を最大限に引き出すためにお勧めできることはありますか?
マッサージや有酸素運動をすることがお勧めです。
▲ 質問一覧へ
マッサージをすることで薬がよく広がり、有酸素運動で脂肪が燃焼されるため、何もしない状態に比べてよりよい効果が期待できます。
 

メソセラピー(脂肪溶解注射)とは

自然な部分痩せで人気のメソセラピー(脂肪溶解注射)は気になる部分の脂肪を注射で溶かすメディカルダイエットです。
外科的な手術ではなく、薬剤の注入だけですので治療時間は短時間で、身体への負担が少なくダウンタイムもほとんどないため日常生活に支障をきたしません。
体形のコントロールにお悩みの方におすすめです。

メソセラピー(脂肪溶解注射)の特徴

メソセラピーは、注射を用いて治療部位に直接有効成分を注入する治療法です。
現在ではメソセラピーといえば脂肪溶解に用いられることが多く、その場合は大豆成分のレシチン(フォスファチジルコリン)と痛みを軽減する麻酔を含む薬剤の注射が一般的です。

レシチン(フォスファチジルコリン)は脂肪細胞内でのコレステロール溶解を増加させ、コレステロールとトリグリセリド(中性脂肪)の代謝作用を調節します。この作用によりトリグリセリドは遊離脂肪酸として血管の中に移動し、腸管を経て体外に排出されます。

脂肪を溶解するため確実にサイズダウンすることができ、食事制限によるダイエットに比べリバウンドしにくいというメリットがあります。

メソセラピーの主成分、脂肪溶解剤は高脂血症や脂肪肝などの治療にも使われる医薬品です。
脂肪組織に脂肪溶解剤を細かく注射します。
溶け出た脂肪成分は血管内に吸収され、やがて体外へと排出されます。
メソセラピーは脂肪吸引と同様に、脂肪細胞自体の数をなくす治療ですので脂肪が効果的に落ちます。
脂肪は成人になると一生数が変わりません。 脂肪細胞の大きさが大きくなったり、小さくなったりすることで、太ったり痩せたりするので、普通のダイエットでは脂肪の数が減らないため、結果リバウンドする可能性が残ります。
一方、メソセラピーは脂肪細胞の数自体を減らすため、リバウンドのしにくい体質になります。


このような方に向いています

  • 部分痩せで体形を整えたい
  • ピンポイントで注入箇所の脂肪を溶解
  • セルライトが気になっている
  • 太ももの裏のセルライトや脂肪吸引後に残った凹凸の解消に
  • お休みをとることが難しい
  • ダウンタイムはほとんどなし、人に知られることなく自然にダウンサイジング
  • 大がかりな手術は怖い
  • 治療時間は5~10分程度、安全性が高く身体への負担は最小限

メソセラピー(脂肪溶解注射)で使用される薬剤

脂肪溶解のメソセラピーでは以下のような薬剤が使用されます。
いずれもFDA認可の実績ある薬剤であり、肝臓で分解され排出 されるため体内に蓄積することはありません。
短時間で受けられる身体に負担の少ない痩身治療ですが、当院ではさらに効果を高め、腫れや痛みを軽減するために、多くの症例をフィードバックして用いる薬剤の配合を調整しています。

※メソセラピーで使用する薬品には決まりがないので、医療機関ごとに成分が異なります。

薬剤名 効果
フォスファチジルコリン
(Phosphatidylcholine)
※一般名:レシチン
脂肪細胞に含まれるトリグリセリド(中性脂肪)を遊離脂肪酸として血液中に送り出します。
メソセラピーの要である、脂肪を除去しやすくする役割を担います。
L-カルニチン
(L-Carnitine)
血管内に移動した遊離脂肪酸は、そのままにしておくとまた脂肪細胞に取り込まれてしまいます。
L-カルニチンは脂肪酸を燃焼の場であるミトコンドリアに運ぶ役割を担っています。
アミノ酸の一種で脂質をエネルギーに変換するのに欠かせない成分です。
キシロカイン
(Xylocaine)
局所麻酔薬の一種。注入時の痛みを感じさせません。



メソセラピー(脂肪溶解注射)の効果的な部位

メソセラピーの効果的な部位

おなか

なかなか落ちないおなかの脂肪。ウエストのくびれやポッコリおなかを改善したい方に。メソセラピーで人気の部位です。

おしり

おしりから太ももにかけてはセルライトがたまりやすく、メソセラピーが効果を発揮します。

太もも

太ももの内側もセルライトのたまりやすい場所です。

二の腕

女性にとって気になるのが二の腕のたぷたぷ。一番痩せるのが難しいといわれる部位ですが、メソセラピーなら脂肪を溶かしてスッキリ。

お顔

体重は落ちても顔だけは痩せてくれないという方にはメソセラピーが効果的です。お顔の脂肪溶解注射には「BNLS注射」がお勧めです。


治療・ダウンタイムについて

治療時間 5~10分程度
治療間隔 一度に注入できる薬剤の量が限られているため、施術は2~3週間おきに一度のペースで3~5回繰り返します。
ダウンタイム 数時間後から麻酔の効果が薄れ、筋肉痛のような痛みを感じる場合があります。
また赤みや腫れ、内出血は2~3日後がピークとなり、1週間程度で消失します。
痛み メソセラピーの薬剤には麻酔を含むため注入時の痛みはほとんど感じません。
効果 個人差はありますが、回数を重ねるごとに徐々にサイズダウンします。落としにくいセルライトも分解し目立たなくすることができます。

脂肪吸引との違い

メソセラピーと同様に気になる部分の脂肪に直接働きかけ部分痩せを実現する治療法として脂肪吸引があります。
メソセラピーと脂肪吸引を比較した上で、それぞれの治療が向いているケースを説明します。

脂肪吸引とは

脂肪吸引はカニューレと呼ばれる医療器具を用い、皮下の脂肪を吸引する外科的な術式です。
物理的に脂肪を除去するため確実に痩身効果があり、また脂肪細胞そのものの数が減るので脂肪細胞が大きくなっても太りにくい体質となります。

脂肪吸引のメリット

・脂肪を落としたい部位を選んでサイズダウンできる。
・脂肪そのものを除去するため食事制限などの反動によるリバウンドがない。
・一度に多くの脂肪を除去することができる。
・脂肪細胞の数が減るので太りにくい。

メソセラピーとの比較

脂肪吸引は身体に数ミリの穴をあけてカニューレを挿入する本格的な外科手術です。
脂肪を溶解して小さくするメソセラピーに対し、脂肪細胞そのものを除去する脂肪吸引の施術部位は太りにくいといえます。
一度に多くの脂肪を取ることができる一方、痛みや腫れはメソセラピーに比べると大きく、施術部の圧迫固定が必須となります。また、抜糸まで7日程度かかります。
きれいな仕上がりのためには医師の技術や術後のケアの重要度が高くなります。

メソセラピーをおすすめするケース

・人に気づかれず自然に痩せたい。
・仕事や家事が忙しくあまりダウンタイムが取れない。
・身体的、経済的負担が大きい手術は難しい。

脂肪吸引をおすすめするケース

・一度でまとまった効果がほしい。
・脂肪細胞の数を減らし太りにくい体質を得たい。
・時間的余裕があり、ダウンタイムが気にならない。


料金表

部位 回数 通常料金(税抜)
全顔 1回 ¥28,000
1回 ¥21,000
下腹部 1回 ¥35,000
腹部(上下全体) 1回 ¥42,000
脇(背面) 1回 ¥21,000
1回 ¥35,000
腰脇腹 1回 ¥28,000
二の腕 1回 ¥35,000
太腿部内部 1回 ¥42,000
太腿部外部 1回 ¥42,000
太腿部全体 1回 ¥56,000
膝上 1回 ¥21,000

よくある質問

よくある質問と回答

治療を受けたいのですが、治療の向き不向きはあるのでしょうか?
安全性は高いと言われていますが、注射による療法なので注射が苦手な人や先端恐怖症などの人には、向かないことになります。また人によって、治療を受けることができない人もいます。
例えば糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病をもつ人や、妊娠している人、心臓病などの治療をしている人は、施術はできません。
さらに、大豆由来の成分が薬剤に含まれているので、大豆アレルギーをもつ人も受けられない、ということも知っておくべきでしょう。
▲ 質問一覧へ
脂肪吸引との違いは何ですか?
体の脂肪を減らす方法としては、従来、脂肪吸引というものがありました。
脂肪吸引は、メスで切開した小さな穴から管を入れて、直接脂肪を吸い出す痩身方法であり、脂肪を吸引した分に限ってみれば、必ずやせることは可能ですが、体に大きな負担がかかり1~2週間の回復期間が必要となります。
また、肌がボコボコになってしまうこともあります。
▲ 質問一覧へ
脂肪吸引との違いは何ですか?
体の脂肪を減らす方法としては、従来、脂肪吸引というものがありました。
脂肪吸引は、メスで切開した小さな穴から管を入れて、直接脂肪を吸い出す痩身方法であり、脂肪を吸引した分に限ってみれば、必ずやせることは可能ですが、体に大きな負担がかかり1~2週間の回復期間が必要となります。
また、肌がボコボコになってしまうこともあります。
しかしメソセラピーは、脂肪組織に脂肪溶解剤を注射することで脂肪を溶解します。溶け出した脂肪成分は、血液の中に吸収されて、最終的に体外へ排泄されます。
つまりメスで切開する必要がなく、治療が終わった後も日常の生活に支障をきたしません。
こうしたことから、脂肪吸引に比べてメソセラピーは、身体的にも精神的にも、そして経済的にもかかる負担が軽い施術なわけです。ただ、メソセラピーは、1回だけの施術では、行なえる範囲や効果に限りがあります
▲ 質問一覧へ
治療を受けたいのですが、注意するべき点はありますか?
術後に、腫れや痛みが生じることがあります。通常こうした痛みは10分くらいで治まるので心配は無いようです。
腫れが強い場合は、腫れが治まるまで運動を控え、大きく腫れてしまったなら、腫れ止めを処方してもらい、それを内服すると良いでしょう。
▲ 質問一覧へ
費用はどのくらいかかる物なのでしょうか?
費用は、病院によってまちまちで、施術部位によっても異なってきます。
また費用の設定も異なり、部位ごとに料金を設定しているクリニックと「手のひら程度でいくら」など、量によって料金を設定しているクリニックとがあります。
料金が明確に設定されているか、事前にきちんと確認したほうが良いでしょう。
治療を受けた人から情報を得るか、ネットの口コミなどで、実績や信頼度をよく確かめた上でいくつかのクリニックをピックアップし、実際に訪れて、カウンセリングをきちんと行うか、料金の設定は明確か、アフター・ケアもしっかりやってくれるかなどを確かめて、比較検討して決めるべきでしょう。
▲ 質問一覧へ
 

料金表

部位 回数 通常料金(税抜)
全顔 1回 ¥28,000
1回 ¥21,000
下腹部 1回 ¥35,000
腹部(上下全体) 1回 ¥42,000
脇(背面) 1回 ¥21,000
1回 ¥35,000
腰脇腹 1回 ¥28,000
二の腕 1回 ¥35,000
太腿部内部 1回 ¥42,000
太腿部外部 1回 ¥42,000
太腿部全体 1回 ¥56,000
膝上 1回 ¥21,000
 

よくある質問

よくある質問と回答

治療を受けたいのですが、治療の向き不向きはあるのでしょうか?
安全性は高いと言われていますが、注射による療法なので注射が苦手な人や先端恐怖症などの人には、向かないことになります。また人によって、治療を受けることができない人もいます。
例えば糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病をもつ人や、妊娠している人、心臓病などの治療をしている人は、施術はできません。
さらに、大豆由来の成分が薬剤に含まれているので、大豆アレルギーをもつ人も受けられない、ということも知っておくべきでしょう。
▲ 質問一覧へ
脂肪吸引との違いは何ですか?
体の脂肪を減らす方法としては、従来、脂肪吸引というものがありました。
脂肪吸引は、メスで切開した小さな穴から管を入れて、直接脂肪を吸い出す痩身方法であり、脂肪を吸引した分に限ってみれば、必ずやせることは可能ですが、体に大きな負担がかかり1~2週間の回復期間が必要となります。
また、肌がボコボコになってしまうこともあります。
▲ 質問一覧へ
脂肪吸引との違いは何ですか?
体の脂肪を減らす方法としては、従来、脂肪吸引というものがありました。
脂肪吸引は、メスで切開した小さな穴から管を入れて、直接脂肪を吸い出す痩身方法であり、脂肪を吸引した分に限ってみれば、必ずやせることは可能ですが、体に大きな負担がかかり1~2週間の回復期間が必要となります。
また、肌がボコボコになってしまうこともあります。
しかしメソセラピーは、脂肪組織に脂肪溶解剤を注射することで脂肪を溶解します。溶け出した脂肪成分は、血液の中に吸収されて、最終的に体外へ排泄されます。
つまりメスで切開する必要がなく、治療が終わった後も日常の生活に支障をきたしません。
こうしたことから、脂肪吸引に比べてメソセラピーは、身体的にも精神的にも、そして経済的にもかかる負担が軽い施術なわけです。ただ、メソセラピーは、1回だけの施術では、行なえる範囲や効果に限りがあります
▲ 質問一覧へ
治療を受けたいのですが、注意するべき点はありますか?
術後に、腫れや痛みが生じることがあります。通常こうした痛みは10分くらいで治まるので心配は無いようです。
腫れが強い場合は、腫れが治まるまで運動を控え、大きく腫れてしまったなら、腫れ止めを処方してもらい、それを内服すると良いでしょう。
▲ 質問一覧へ
費用はどのくらいかかる物なのでしょうか?
費用は、病院によってまちまちで、施術部位によっても異なってきます。
また費用の設定も異なり、部位ごとに料金を設定しているクリニックと「手のひら程度でいくら」など、量によって料金を設定しているクリニックとがあります。
料金が明確に設定されているか、事前にきちんと確認したほうが良いでしょう。
治療を受けた人から情報を得るか、ネットの口コミなどで、実績や信頼度をよく確かめた上でいくつかのクリニックをピックアップし、実際に訪れて、カウンセリングをきちんと行うか、料金の設定は明確か、アフター・ケアもしっかりやってくれるかなどを確かめて、比較検討して決めるべきでしょう。
▲ 質問一覧へ

お問合せ窓口

0120-187-111