神戸元町の美容整形なら神戸ゆりクリニック

わきが(腋臭症)・多汗症治療

ボトックス注射

ボトックス注射による多汗症治療

多汗症の場合、ボトックスを注入するだけで約5~6ヶ月間ほど、これまでの汗の80%からほぼ100%に近づくほど汗の量をセーブすることが可能です。
注入を繰り返すことにより持続期間が長引く事例が紹介されていますが、患者様からのコメントを聞いていると1度での効果は8ヶ月~10ヶ月続いたと話される方もいらっしゃいました。

時折「ボトックス注入法でワキガの匂いも消せます」という案内があるので混同させてしまっているようですが、匂いについては確実に効果が期待できるというわけではありません。
ですが、最近の事例ではボトックスを注入することによって7割ほどの方が匂いも治まったと話されます。

手術による多汗症治療は「体への負担を大きくする=汗の量も減らせる」ものですが、「体への負担を少なくする=効果が非常に不安定」であることから、手術による多汗症治療は当院ではお勧めはしておりません。
しかし、ボトックスによる治療法で効果が半年であるならば非経済だと考える方もいらっしゃるかもしれません。
ところが、繰り返し注入し、汗を止めてしまうことで汗の出る腺が萎縮してしまい、以後も自然と(ボトックスを用いなくとも)汗が減少してしまう可能性が報告されています。(汗腺萎縮)

※例えば交通事故の為、病院のベッドで半年間寝たきりだと、どんなにたくましい足であっても骨と皮になってしまう例を参照してもらえば想像がつき易いかも知れません。
※元来、毛の生えている範囲に10~15箇所に分けて注入します。チクチク感はあります。
※脱毛と同時にされる場合は先に脱毛してから注入します。

ボトックスの注射

ボトックスはアレルギーの心配がほとんどない物質で、ワキに注射することで汗の分泌が抑えられます。
治療時間は約10分程度となります。
メスを使わないので傷も残らず、当日からシャワーや入浴なども可能です。
治療したいけど忙しい、メスを使う手術はしたくない方におすすめです。

A型ボツリヌス毒素製剤について

ボトックスビスタ

アラガン社製ボトックス薬 現在では、ボツリヌス毒素製剤治療を「ボトックス」と呼ぶことが多いのですが、本来「ボトックス」とはアラガン社「ボトックスビスタ」を指す名称です。
「ボトックスビスタ」は国内で唯一製造販売承認を取得しており、さらに、米国やイギリス、ドイツ、フランスをはじめ世界約80ヵ国以上でも治療承認を取得しており、世界で1,100万人以上が美容医療分野での治療を受けています。
他社薬剤との臨床比較試験において、持続期間やシワの改善率などに「ボトックスビスタ」が優れているとの結果が報告されています。
米国美容形成外科学会の調査では、非外科的美容治療のうち、施術回数がダントツの第1位であるという結果が出ており、そのことからも分かる通り、全世界でもっとも支持されている薬剤です。

米アラガン社製ボトックス「ボトックスビスタ」

ニューロノックス

ボトックス/ニューロノックス ニューロノックス(Neuronox)は美容大国である韓国のMedy-Tox社より製造されております。
2011年に韓国KFDA(日本の厚生労働省にあたるところ)の承認を受けました。
後発製品であるため、製造メーカーからの販売価格が安いので患者様の治療費が安く済みます。
安全性も特に問題なく、値段を安く注入できるメリットがあります。

韓国Medy-Tox社製ボトックス「ニューロノックス」



料金表

内容 通常料金(税抜)
ボトックス ボトックスビスタ ¥80,000
2回目以降20%OFF
ニューロノックス ¥50,000
2回目以降20%OFF


よくある質問

よくある質問 Q&A

多汗症の人はワキガですか?
多汗症とワキガ、二つの症状を持っている方はいらっしゃいますが、多汗症の人がワキガというわけではありません。
ワキガはアポクリン汗腺からの分泌される汗や油分が混ざり合い、細菌によって分解されることでニオイを発生させます。
それに対して、多汗症は汗の分泌をコントロールしている交感神経の乱れが原因で起こります。
▲ 質問一覧へ
ボトックス注射による効果の持続期間はどれくらいですか?
ボトックス注射を行って、効果が現れるまでの期間は、個人差がありますが2~3日してから徐々に効果が現れます。
効果が現れてからの持続期間は、約6ヶ月ほど持続します。
効果を持続するには、年2回程度、注射を繰り返すことになります。
▲ 質問一覧へ
ボトックス注射による副作用はありますか?
ほとんどありません
▲ 質問一覧へ
ボトックス注射後、日常生活でしない方がいいことはありますか?
ボトックス治療の当日は、長時間の入浴やサウナ、飲酒、マッサージは避けてください。
▲ 質問一覧へ
妊娠、または授乳中ですが、ボトックス注射による治療を受けることはできますか?
妊娠中の投与に関する安全性が確立していませんので、妊娠、または授乳中の方は治療を受けることは避けて下さい。
また、妊娠する可能性のある方は、投与中及び最終投与後2回の月経を経るまでは避妊してください。
▲ 質問一覧へ

このページのTOPへ

お問合せ窓口

0120-187-111