神戸元町の美容整形なら神戸ゆりクリニック

ピアス穴あけ

ピアス穴あけ

ご自分や、ピアスショップよりも、安全に当院であけることをお勧めします。

 
診療メニュー

今や年齢性別関係なくお洒落の定番となったピアス。
当院では「ピアッサー」というピアスガンで行ないます。
一瞬にして穴があき、出血もしませんが、痛みが苦手な方には局所麻酔注射を行っておりますのでお気軽にご相談ください。
ピアッサーで穴あけをした後、ピアス穴の完成までピアスをつけ続け、真皮が張るまで消毒・殺菌を継続します。
ホール完成まで約1ヶ月半かかり、その間、装着したファーストピアスを外す事はできません。

医療機関以外でのピアスの穴あけは実は法律違反となる行為です。
当院では、トラブルのほとんどない医療用ピアスを用いたファーストピアスの穴あけを行なっています。 また、万一のピアストラブルにも、すぐに専門的な皮膚科診療が受けられますので、安心いただけます。
当院では医療用シリコンを用いてピアスホールを塞がずに治療を行うことが可能です。

ファーストピアス

ピアス

金属アレルギー対応
当院では、金属アレルギー対応のチタン製ファーストピアスをお勧めしております。
アレルギー発症の心配がない方であっても、稀に施術後、皮膚炎を発症し、ピアスホールを閉じる必要性が起こることがあります。
ピアスホールが完全に安定するまでは、アレルギー対応のファーストピアスをご利用ください。
院内にある数種類のファーストピアス(医療用チタン、医療用サージカルステンレス)の中からお好きなものをお選び下さい。

ピアッシング(ピアス穴あけ)の手順

マーキング
はじめに、片側の耳の希望させる位置にマーキングしていただき、これを元に反対側の耳たぶにマーキングします。

ピアッシング
消毒後、医療用ピアスを装着したピアッサーをマーキングした部分に先端を当てて引き金を引くと、瞬時にピアッシングが完了します。
ピアッシングの直後は少しジーンとした痛みが残りますが、徐々になくなりますので、ご安心ください。
なお、痛みに弱い方には麻酔を行っております。

ピアス施術後のケア

ピアス装着後1週間ほど分泌物が出ることがありますので、水道水でぬらした綿棒で拭き取り、入浴時にシャワーで洗い流してください。
1週間程で分泌物は出なくなります。
消毒薬で皮膚炎を起こした例もございますので、ピアスによる気になる症状が出ましたら、まずは早めにご相談ください。
なお、ピアスは1ヶ月程外さないでください。 ピアスで開けられ耳たぶの穴は、概ね1ヶ月できれいなトンネルを作ります。これを上皮化といいます。
その後ファーストピアスを外し、お好きなピアスを装着ください。

穴をあける上での注意点

ピアス穴あけは医療行為ですので、真剣にピアス穴あけに取り組んでいる病院でお開けになることをお勧めします。
今では手軽なイメージもあって、ご自分やピアスショップで気軽に穴あけする方も多くいらっしゃいますが、感染など危険性も孕んでいます。
トラブルで多いのが、細菌の感染による化膿と金属アレルギーによる皮膚炎です。
友だちの手を借りた不安定な動作や、不衛生な状態でピアス穴あけを行うと炎症を起こす可能性は高くなります。
ピアス穴を開けてアクセサリーを楽しむことは、とても魅力的ですが、一度ピアス穴を開けてしまうと簡単には後戻りできません。
以下に主なピアストラブルを列挙致します。
ピアスによる気になる症状が出ましたら、まずは早めにご相談ください。

分泌物
穴開け直後より出てくることがありますが、1週間程で出なくなります。
化膿による膿ではありませんので、心配ありません。
分泌物が続くようであればご相談ください。

アレルギー性接触皮膚炎
ピアス開けて3週間ほどしても分泌物が出続けて、さらに赤みや痒みなどが出てきましたら、使用しているピアスによるアレルギー性接触皮膚炎が疑われます。
これは装着しているピアスの金属が長期間皮膚の内部と接触したために生じるアレルギー性接触皮膚炎です。
特にニッケルやコバルト、クロムなどを使用しているピアスに多く見られます。
この場合は装着しているピアスを取り外して、お薬を塗れば治まります。
気になる症状があれば当院へご相談ください。

留め金等の皮膚への埋没(ピアス埋まり)
ピアスのピンが耳たぶの厚さに比べて短かく、ヘッドや留め金が皮膚を圧迫して傷を作った場合やアレルギー性接触皮膚炎でただれた場合に、ピアスのヘッドや留め金が皮膚の中に埋もれてしまうことがあります。
そうならないためにピンが長めのピアスを使用し、上述のアレルギー性接触皮膚炎が起きたらいったん取り外してください。

耳のしこり
アレルギー性接触皮膚炎が長期間続くと、しこりができてきます。
このしこりは最初は皮膚の中だけですが、次第に表面にも現れてきます。
放置していると少しずつ大きくなってきます。

ケロイド
前述のしこりがさらに大きく盛り上がってくるとケロイドになります。
ケロイドとは赤く盛り上がった硬いできもので、自然になくなる事は残念ながらありません。
徐々に大きくなります。
治療は安易な外科的切除は再発を起こしますので、専門的治療が必要です。

ピアスホールの裂開(耳垂裂)
外側(耳の縁)近くにピアス穴を開けている場合に起きる場合があります。
ピアスが何かに引っかかりその勢いで穴が裂けてしまいます。裂けた部分はそのままでは塞がりません。
そこで手術で縫い合わせる必要があります。

 

メニュー料金

部位 通常料金
耳たぶ(1ヶ所) ¥5,000
耳軟膏(1ヶ所) ¥15,000
ボディー(耳以外1ヶ所) ¥17,500

※ ファーストピアス代金が別途かかります。
※ ボディピアスは内服・外用薬を含みます。

 

よくある質問

よくある質問と回答

手術はどんな風に行うのですか?
耳たぶに開ける場合はピアッサーというピアスガンで行ないます。一瞬にして穴が開き、出血もなく耳たぶを冷やしつつ処置するので、痛みもほとんどありません。痛みに弱い方には麻酔を行っておりますので、お気軽にお申し出ください。
▲ 質問一覧へ
ボディピアスの穴を開けたいのですが、どのような手術方法なのでしょうか??
ボディピアスは耳たぶピアスよりもトラブルが起きやすく、部位に応じて使用するピアスを変え、適切な位置・角度に開けなければなりません。
ボディピアスは形が複雑であったり、カーブ、深さ、距離など、繊細な調節が必要ですので、ガチャン式ピアッサーではキレイに開きません。
当院では全てのボディピアスを医療用針(ニードル)を使用して穴あけします。局所麻酔を使いますから無痛です。
▲ 質問一覧へ
ピアス穴あけに痛みはあるのですか?
耳たぶの場合はすぐに終わり、痛みも強くありません。
前述のとおりボディ、へその穴あけは、痛みを伴うため、穴あけの前に局所麻酔を行います。
麻酔をすれば穴あけの痛みはほとんど感じません。
▲ 質問一覧へ
ピアス穴あけに適した季節や時期はあるのですか?
年中可能で、いつでも行うことができるのですが、ピアス穴あけ後に水泳やパーマなどするとトラブルが起こる可能性が高いので、ピアス穴あけをした際は避けたほうがよいでしょう。
▲ 質問一覧へ
病院以外でも穴あけを行ってくれる所がありますが、何が違うのですか?
病院以外で行うと穴をあけた場所や場所や器具の衛生状態に不安が残ってしまい、穴あけでウィルス感染や皮膚炎をおこしてしまうようなトラブルがおこります。
ピアス穴あけは、医療行為であり病院以外で行うのは違法行為です。
信頼のおける病院で受けることをオススメします。
▲ 質問一覧へ
ピアス穴はどれくらいの期間で完成するのですか?
完成は穴の周囲に新皮ができた状態をいいます。
完成するまでに、耳たぶならば約1か月半程度、ボディーならば2~3か月程度かかります。
ピアス穴が完全にできあがるまで、消毒など清潔に保つことが必要不可欠です。
▲ 質問一覧へ

お問合せ窓口

0120-187-111