神戸元町の美容整形なら神戸ゆりクリニック

ほくろ除去

ほくろ除去

皮膚癌を見逃さないために、当院ではホクロと思われるものを切除した際でも病理検査をお勧めしています。

 

「ほくろ」について

ほくろ治療「ほくろ」という呼び方は俗称であって医学用語ではありません。一般的には、比較的小さな黒っぽい皮膚の病変 (盛り上がっていることが多い) をこのように呼んでいます。
ホクロのほとんどは医学的には色素細胞母斑 と呼ばれるものです。 母斑という言葉は一般にはなじみのない言葉ですが、要するに生まれつきの”あざ”のことを指します。しかし実際はホクロは生まれたときにはほとんどありませんので、あえて 後天性色素細胞母斑 と呼ぶ皮膚科医もいるくらいです。
直径が 1cm 以上の色素細胞母斑は大きすぎるのでホクロとは呼ばれず、一般には黒あざと呼ばれます。こちらはホクロと違って生まれつき存在する、本当の母斑であることがほとんどです。顕微鏡で組織を見てもホクロと黒あざは区別できないので、大きさやできる時期によって診断されています。
それではホクロとは何かというと、皮膚の中に点在する色素細胞が何らかの原因で腫瘍化してできた皮膚の良性腫瘍(できもの)と考えられています。
ようするに皮膚のできものの一種ということです。
小さなものは原則として悪性化することはありませんので、美容的な見地から切除などの治療が必要かどうかを判断します。
直径が6mmを超える大きいものや、拡大傾向のあるものは悪性化のリスクもあるとされており、切除を勧める場合もあります。
また、悪性の皮膚腫瘍にホクロと似たものがあるので、それを見分けることが必要です。

病理検査

ホクロはありふれた皮膚病変ですが、治療にあたってはきちんと診断しておく必要があります。
なぜなら皮膚の悪性腫瘍(皮膚癌)の中に、ホクロにそっくりの外観を呈するものがあるからです。
ほとんどの場合は外観からだけで診断可能ですが、やはり経験を積んだ皮膚科医や形成外科医でも間違うことはあります。
皮膚癌を見逃さないために、当院ではホクロと思われるものを切除した際でも病理検査をお勧めしています。
病理検査とは切除したものを薄く切って染色し、病理の専門医が顕微鏡で診断する検査です。この検査をすれば最終的に診断を間違えることはありません。

ホクロの治療

ホクロの治療には大きく分けて2種類あります。
ひとつは紡錘形に皮膚を切除し、その後ナイロン糸で縫合する切除縫合法です。比較的大きなものを治療するときによい方法です。もうひとつはくり抜いたり焼いたりして、ホクロの組織だけを何らかの方法で消し、その後は縫合せずに軟膏をつけて治す方法です。
いずれにしても手術してすぐに目立たなくなる訳ではありません。創(=損傷の一種)が落ち着くのには最低 3ヶ月はかかります。
術直後に日焼けをすると、しみのような色素斑が生じることがあります。
この色素斑は術後 3ヶ月くらいの間、日焼けどめクリームなどで日焼けを避ければ予防できます。

切除縫合法

5mm以上の比較的大きなホクロを取るときの方法です。
ホクロ除去の基本的な治療法で、確実にほくろを除去する場合に一番適しています。
この方法の長所はホクロの組織を完全に取りきれるので、再発がありません。切除したほくろを病理検査にかけることもできるので、正確な診断も可能となります。
通常、ほくろの周囲を紡錘形に切除して一直線状の創になるように縫合します。この方法の欠点として、ほくろの直径の約3倍の長さの創となることです。短い創にこだわると、創の両端にドッグイヤー変形と呼ばれるふくらみが残ることもあります。しかしホクロがある程度より大きくなるとこの方法でしか取れません。
人の皮膚には自然なシワが多くありますので、創をシワに同化するように縫合すれば目立たなくなります。

くり抜き法

5㎜未満の比較的小さなホクロをとるときの方法です。
トレパンという皮膚外科で使われている円形筒状のメスを使用し、丸くホクロの形に添って皮膚をくり貫く方法です。
ある程度深くまで組織を取りますので、再発はありません。
ほくろを切除した後に、創の中で縫合し、円形創をキュッと口をすぼめるように小さい穴にしてしまいます。ニキビ跡や毛穴のように治せ、一直線状の創痕になりません。また、小さな創は縫合せずに治す場合もあります。
創痕がドーム状に盛り上がったり、逆に創がへこむことがあるのが欠点です。
直径が 5mm を超えるホクロでは創がケロイド化することがあり、大きなホクロには使えない方法です。

炭酸ガスレーザー

ホクロの組織をレーザーのエネルギーで飛ばしてしまいます。結果的にはくりぬき法とほとんど変わりませんが、くりぬき法より出血が少なく、創が治るまでの治療はより簡単に済みます。最大の欠点は組織が取れないことです。そのため病理検査ができないので、良性のホクロであることをしっかり診断したうえで治療する必要があります。くりぬき法と同様に 3mm 以上のホクロでは創痕が目立つことがありえます。

Qスイッチレーザー

Qスイッチレーザーは比較的新しいタイプのレーザーです。炭酸ガスレーザーが水分のある組織を非選択的に破壊するのに対して、Qスイッチレーザーは黒っぽい色素にだけ選択的に反応して、色素細胞だけを破壊します。したがって周囲の正常組織を傷つけることがなく、創の治りが早いです。ただしホクロでも色のついていない部分は取り残しますので、後日再発の可能性があります。1回で取れることはまれで数回の照射が必要なことも欠点です。盛り上がっているホクロでは、色は取れても盛り上がりは取れません。小さくて平坦なホクロ以外では実用的ではありません。

電気メス

高周波を利用した電気メスでホクロの組織を削り取ります。深く掘るように削ればくりぬき法と変わりませんが、浅く削ると創の治りが早く、へこんだ創も残りません。ただし削り方が浅すぎると再発することがあります。組織を取って病理検査を行うことも可能です。5mm から 6mm くらいまでのホクロがこの方法に適しています。

くり抜き法での処置経過

①診察

診察患者様のホクロの状態を診察し、適切な処置を行います。
右画像の患者様のこめかみ下部にあるホクロは直径4㎜程度のホクロでしたので、 くり抜き法を行います。

②処置-1

処置-1局所麻酔を行ったあと、切除するホクロの形に添って円形筒状のメス(パンチ・トレパン)で切除を行います。

③処置-2

処置-2ホクロを残すことなく切除する為に、しっかりと下層のレベルを確認します。

④処置-3

処置-3下層のレベルが確認できたら、そのレベルでホクロを切除します。
その後、肉眼的にホクロが残っていないかホクロ側も創底側もしっかりと再度確認します。

⑤処置-4

処置-5創の中で縫合し、円形創をキュッと口をすぼめるように小さい穴にします。

⑥術後4週間

術後4週間術後4週間では、創は完全に上皮化しています。
前述のように、この後しっかりと遮光していただくことで、シミのような色素斑を生じることなく目立たなくなります。

 

メニュー料金

内容 通常料金(税抜)
切除縫合法 ほくろ直径5mm以上 ¥30,000~100,000
くり抜き法 ほくろ直径5mm未満 ¥20,000
ほくろ直径5mm以上 ¥25,000
炭酸ガス( CO2)レーザー ほくろ直径1mm未満 ¥5,000
ほくろ直径1mm~3mm ¥8,000
半年以内の再発 無料
電気メス ほくろ直径6mmまで ¥30,000
病理検査 ¥18,000
 

よくある質問

よくある質問と回答

ホクロの治療は保険が効きますか?
ほくろにより何らかの機能的問題がある場合に保険適応となります。 例えば
・顔を洗うときに引っかかる。
・ひげを剃るときに引っかかって、出血することがある。
・洋服を着脱するときに引っかかる。
・眼瞼にあり、視野の邪魔になる。
・悪性腫瘍の可能性を否定できない。
などの場合です。完全な美容目的の場合は保健が効かず、自己負担となります。
ほくろ(=母斑細胞母斑)の近縁疾患である扁平母斑や脂腺母斑の治療は保険がききます。
▲ 質問一覧へ
痛みはありますか?
局所麻酔を用いて治療を行いますので、治療中は、全く痛みはありません。
ただ、麻酔薬を注入する際にチクッとした痛みはあります。
極細の針を用い、クーリングを行いながら麻酔薬を注入することで痛みを最小限にすることも可能ですので、痛みに弱い方はお気軽にお申し付けください。
▲ 質問一覧へ
あとは残りますか?
ほくろを治療した場合は、ほんのわずかですが、あとが残ります。
現代医学ではほくろの治療を全く傷跡なく治療することは不可能なので、その傷跡を極限まで小さくすることが大事と考えております。
位置にもよりますが、1cm未満の通常サイズのほくろであれば、ほぼ傷跡がわからない、というくらいには仕上がります。
▲ 質問一覧へ
1度の施術で取っていただけますか?
基本的には治療は1回で終了しますが、ほくろ・いぼの数がきわめて多い場合は、何度かに分けて治療することをお勧めします。
1回あたり10個程度までを目安としていただきたいと考えております。
▲ 質問一覧へ
ほくろ治療後に飲酒することは出来ますか?
手術後の患者様は、出血予防のために24時間は飲酒を避けた方が無難です。
▲ 質問一覧へ
ほくろ治療後に入浴することが出来ますか?
湯船に傷をつけなければ可能です。手術創は翌日より石けんとシャワーで洗っていただけます。
▲ 質問一覧へ
ほくろ治療後に注意することはありますか?
手術治療後の場合は、傷を清潔にたもっていただくことと傷にテンションをかけないことが重要です。
炭酸ガスレーザー治療の場合は、傷を清潔にたもっていただくことと傷を乾かさずに湿潤環境におくことが重要です。
▲ 質問一覧へ

お問合せ窓口

0120-187-111